読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりっちのバイブス☆日記 シンガポールに住んでる編

ビンぼっちゆとりOLがバイブスだけを頼りに人生と世界に漕ぎ出す物語です。応援してネ!

同僚シンガポール人からのシンゴジラ不評に思うこと

最初の記事にも書かせてもらった通り、事情があって2ヶ月に1回ほどは日本に帰国しています。

なので、日本の映画もわりと普通に観ています。

8月に帰国した際は観たいものが目白押しで、シン・ゴジラ、君の名は、High&Low と短い滞在の間に3本観ました。

どれも最の高で、映画館で観られてよかったと思うものばかりでした!

 

この中で、シンゴジラはシンガポールでも9月に上演されていました。

私はシンゴジラをとても楽しく観ましたし日本では面白かったと話題にしている友人も多かったですが、私の周りのシンガポール人たちから聞こえてくるのは不評ばかりのようでした。

 

外国人にとってはあの会議シーンにおもしろみはないだろうとか、そもそも東京を知ってる人の方がゴジラのまち破壊シーンを楽しめるだろうなとか、なんとなく不評の理由の想像はつきます。

 

そして、不評を聞いて感じたのは、むしろ逆に少し嬉しい気持ちでした。良かったり悪かったりかとは思いますが、ガラパゴってることへの嬉しさとでも言うのでしょうか。

外国人にはウケないかもしれないけど、日本人的には面白くて、興行的にもそれで十分成功できてる(かは知らないけど、そうだとしたら)状態って、経済力とは別の国力がある感じでイイなって思うんですよね。

 

タイに旅行したときも、私は全然知らないけど、タイではめっちゃ売れてるんだろうなと思われるアイドルグループとかドラマとか、そういったエンタメが沢山目に入ってきて、とても面白かったです。

その国の人が自国のエンタメを楽しんでいる状態は、すごく自然だし街にも楽しい雰囲気が出ます。

 

私はシンガポールを安全で裕福ないい国だと思いますし、なんといっても合理的なところを尊敬しながら、この数年住ませてもらってます。

しかし、ことエンタメについては残念と感じています。

これについては私のあたまでも、人口少ないからやる気出ないんだろうと見当がつきます。

音楽や映像を作っても、自国の人数がそもそも少なかったら、買ってくれる人の人数も少ないのであり、やる気出ないですよね。。やる気っていうか、お金も採算とれないでしょうしね。

とすると、今後もずっとシンガポール独自のエンタメは残念であり続けるのでしょうか。それとも、金持ちパワーで人口の少なさを補って進化するのでしょうか。

 

個人的には、長らくは貧しい状態が続くか、または既に独自の進化を遂げているか、のどちらかと思います。

 

貧しい状態が続く説については、シンガポールの街から現時点で創作への情熱を感じないという点があります。

お金があってもなくても何かを創作したい人は創作すると思います。なんとなくシンガポールではそういった熱意をあまり見かけません。

路上ミュージシャンも少ないですし、いてもオリジナル曲を歌っている人はさらに少ないです。大体ギター持ってマルーン歌ってます。

日本だったら人口の少ない地方でもご当地アイドルが結成され、観客の数に構わず広場とあればライブが開催されますが、シンガポールでそういったものは見かけません。代わりに見かけるのはおばちゃん達が派手なウェアに身を包んで爆音でEDMを流す集団エクササイズです。

また、同僚シンガポール人たちに限って言えば、音楽と映像で話題にあがるのは韓国オンリーです。シンガポールのシの字もエンタメについては聞いたことがありません(なお、日本も日本オタを除けばほぼ聞きません)。

電車内広告なんかも面白いのを見たことがありません。大体一社の広告が一定期間車内全体を飾ります。その広告が、超普通です。アイドルとか俳優とか出てこないです。例えばシップの広告だったらイケメン俳優が肩を押さえていたりしてもよさそうなものですが、肩にシップ貼った写真と文字だけの超普通の広告が車内全体に掲載されます。そういうテイストです。これも、エンタメ業界の存在感の薄さを反映しているように思います。

 

すでに独自の進化を遂げている説については、ブロガーやYoutuberの存在です。私もそんなに熱心に観てるわけではないので詳しくないですが、ぱっと見人口比で再生回数の多いシンガポール発信のユーチューバーがそこそこいる印象です。また、裕福なのでtravel vlogだとか、化粧品買って使ってみました系、整形体験動画(!)などがなかなか見応えがある印象です。

私が知らないだけで、すでにそういった分野で発展しているのかもしれないなと思っています。

 

シンガポールで現地採用されるのはちょー簡単

私的にシンガポールで現地採用されるのはちょー簡単でした。

 

ま、賃金めちゃ安で働いてるので、そんな仕事ゲットするの簡単で当たり前といえばそうなんですけど、その辺は同じ仕事でももっとちゃんと交渉してればもっと貰えただろうと思います。

私の場合はメンヘラ期に就活したので、自分でも自分を不当に安く売ってしまった感があります。

 

超簡単だった就活方法については、一言で言えば人材会社に登録すれば仕事を紹介してくれます。

 

私の場合、日本で働いている間ネットで人材会社にいくつか登録し、どんな仕事を紹介されるか様子見しました。メールで紹介されます。

イケそうだったので旅行で1週間シンガポールに滞在して、人材会社での登録面談と求人会社での採用面接を受けました。日系企業は日本語、外資系企業は英語です。私はその中間みたいな、外資系企業だけど日本人チームが求人してて、外国人と日本語スピーカーがいる面接で採用もらいました。
日本に帰国後、採用の連絡がきたので身支度して、シンガポールに引っ越しました。

ビザの取得については、採用後日本にいる間にパスポートや卒業証書証明書のコピーを採用先にメールで送るだけで、まず仮ビザのようなものが発行されました。簡単。これで、帰りの航空券がなくてもシンガポールに入国できます。

期間は1ヶ月ほどかかりました。私はもっと前の時点で日本の会社に辞意を伝えていたのですが、そんなに情とかなければ採用されてから辞めますと言ってもよかったかと思います。

採用された→辞意表明→1ヶ月後のビザ取得までの間に引き継ぎを行って有給消化に入る→シンガポール入国→有給消化期間中にシンガポールでの手続きを済ませて、勤務開始

このようにすると無給の期間なく転職できるかと思います。

 

シンガポールに着いたら、健康診断を受けて証明書を会社に提出します。私の場合は自費でした。ブギスのラッフルズホスピタルで80ドルでした。サブウェイの隣に健康診断専用のフロアがあり、サクサク受けられます。
メンヘラ歴がある女なのでエイズが心配で、目の前が白くなるくらい緊張しましたが結果もシロで安堵しました。

これで書類が揃うので、会社が役所の予約をしてくれます。
役所で指紋や写真を撮ってもらうと身分証となる在住ビザのカードが発行されて、会社に届き完了です。
これ以降は空港でもシンガポール人と同じように自動改札のレーンが使えるようになります。

 

私は留学経験などもなく英語もつたないですが、人材会社は商売ですので丁寧にサポートしてくれますし、シンガポール人も親切ですので手続きは簡単だったと思います。


バイブス日記 開設

あまりのビンぼっちマーヒーぶり(お金がなくかつ友人がおらず暇な状態)に、思わずブログを開設してしまった土曜日です。

これからガンガンこのブログを更新して、なんていうかここに私が存在しているということを発信していきたいです。

 

わたし

20代、三十路目前のありがちな焦ってる女 (世代的にはゆとり)

ビンぼっちマン

顔面下流社会の住人

しかしながらキラキラ系への止むことなき憧れ

数年前からシンガポールで就職、在住

 

 

我ながらろくでもないヤツですね。

親には愛されて本当に大事に育ててもらったんですけどね。ほんと謝罪しかないです。

 

全体的に誰かの役に立てるような情報はあまりないと思うんですけど、かろうじて海外就職についての情報だけは誰かの参考になれるかもしれない、なるといいかなと思っています。

 

ゆとりっちここまでの歩み

 

誕生:親に愛され、何不自由なく育つ〜大学時代まで

 

大学時代:最愛のママPが闘病生活のすえ天国に旅立ち、メンヘラ気味に。幾度かの留年の末、ろくな就活もせず卒業。ほぼ記憶なし。

 

社会人時代:誰でも入れるブラックカンパニーに新卒正社員入社。秒で辞めて東京でフリーターに転身。バイト先の居酒屋店長に恋するも叶わず。

 

社会人時代2:普通の会社の事務に就職。掛け持ちで夜と週末は前と別の居酒屋でバイト。けっこう楽しい毎日だったけど、ある日突然パパPが脳梗塞で急に要介護状態に。メンヘラが再発及び加速して深刻だったので南国への引越しを決定。

 

社会人時代3:シンガポールで就職。適当に就職したせいで色々大変。

しかも日本で施設に入ってる要介護のパパPが自宅に帰りたいとのことで色々やることあって2ヶ月に1回くらい日本帰ってて、ジェルネイルする金にすら困る状態。

でも意外と悲壮感はない。ゆるい南国でとにかく金に困ってはいるけど、メンタルだいぶ前よりましになったし、英語も前よりちょーーっとは上手になったので、いったん引越したのは正解だった。

たまにだけど日本以外の国にも旅行してるし、おしゃれなカフェも行くし、ごくたまにだけど婚活もしてる。

ゆとりっち模索の日々は続く〜。

 

ま、そんな感じなんですけど、明日はどこだって感じですけど、とりあえずこうして生きていることに感謝して、この日記をつけていきたいと思います。

応援しちくり〜